ホストのボーイとして働くという選択肢もある

ホストの仕事内容は、お客様を接客すること、そしてお客様を呼ぶための営業と、売り上げにつなげるためのお酒や時間を営業で獲得することです。
しかし自分の見た目に自信がない、あるいは接客に自信がないなどの理由から、興味があるけれどなかなか挑戦できないでいるという男性もいるでしょう。
そんな男性にはホストとしてだけではなく、ボーイとして働くという選択肢もあります。

ボーイは店内を見張り、トラブルにならないように未然に防いだり、いざというときにキャストを守ったりする警備員のような仕事をするだけではなく、時間がきたらそれを知らせたり、注文があったドリンクを持って来たりというようなウエイターとしての仕事もあります。

客席が埋まればそれだけ忙しく動き回らなければなりませんし、忙しさを理由にして店内の見張りをおろそかにすることもできません。
そのため仕事内容自体はそれほど難しくなかったとしても、とても忙しい仕事だと言えるでしょう。

ホストクラブの主役はホストなので、それに比べるとボーイは雑用係のようなものです。
しかしこの役割をしてくれる人がいるからこそ、お店が円滑に営業できているのも確かです。
学歴は必要ありませんし、ホスト同様夜の仕事なので給料も高めに設定されています。
バイトで働いていたとしても、頑張れば給料アップや昇格も期待できるでしょう。

こういったことから、ホストとは違った意味でやりがいを感じられ、また貪欲に稼げる仕事です。
内勤なので外に出ることもなく、知り合いにばれるという心配も少なくなります。
雑用で稼げるのであれば、と思ったら、バイトから挑戦してみるというのも選択肢の1つです。

学歴が必要ないので、バイトだけではなくフリーターでしっかり働いている人もたくさんいます。
もし昇格をして上の立場に行けば、内勤だけではなくいろんな仕事も任されるようになるでしょう。
ホスト同様将来性もある仕事なので、社会経験としてやってみるのも1つの手段です。

ボーイに求められるのは冷静な判断力と迅速な対応、効率良く動くことの3つです。
そこに接客スキルも身に着けば、ホストではなくてもお客様に覚えてもらうことができ、お店をより有名にする手助けもできます。

最初は店内のことを覚えること、ホストクラブの仕組みや料金システムを覚えることなどに忙しくなるでしょう。
しかし一度体が覚えてくれれば、どんなに忙しくなっても自然と体が動いてくれるようになるので心配はいりません。