ホストバイトの給料について

テレビや雑誌を見ると、ホストで働くことでお金持ちになったという人はたくさんいます。
それは時給が高いからという理由だけではなく、彼らがそれぞれ工夫をした結果、歩合がついて収入アップできたからこその結果です。
稼ぎたいと思うのであれば、まずは給料の仕組みについて知っておくようにしましょう。

稼ぐために意識すべきことの1つとしてまず挙げられるのは指名料です。
お客様がたくさんいるキャストの中から1人を指名することによって、通常の料金よりも少し高い値がつきます。
これがキャストに還元されるので、少しでもたくさん指名をとれば、それだけ歩合がつくということです。
指名1本1000円だとすれば、10人指名してくれることで1万円の歩合がつきます。
一晩で100人呼べば10万円になります。

お客様を呼べるようなホストになること、これが稼ぐためには必要不可欠なポイントです。
少しずつでもスキルを磨いていき、お客様に気に入ってもらえるように努めることで、誰でも稼ぐことは可能となります。

次にお酒で稼ぐということですが、自分がついたお客様がどんな飲み物をどれだけ注文してくれたかは売り上げに大きく影響を与えます。
高いお酒を頼んでくれればそれだけ歩合もつきますし、自分が飲むことでお客様がたくさんお酒を買ってくれれば、それも売り上げになります。
だからこそお酒が飲めなければ務まらない仕事なのです。

ホストクラブの多くがシャンパンタワーを用意しています。
バースデーなどのイベント時に使われることが多いのですが、通常営業のときにも高級なお酒を頼んでくれるお客様がいれば、使われることがあります。
こうした演出があることでお客様は「お酒を買いたい」と思ってくれやすくなります。

最後にテーブルチャージですが、これはホストが席に着いた時点で発生する料金です。
お店の料金システムで60分4000円というような看板がありますが、60分経てば退席するか延長するかを迫られます。
もしここで延長してくれれば、それは席に着いたキャストが頑張って接客をした結果だとみなされるので、歩合につけられます。

このようにお店の売上になるポイントを考えていけば、何が歩合となって収入アップにつながるのかも分かってきます。
それを意識しながら仕事をすることによって、稼げるような人材になれるのです。
もちろんお店によって内容は若干異なるので、働くのであれば必ず事前に確認をしておくことが大切です。