気になるホストの将来性

ホストは見た目だけが重要なわけではありませんが、それでもお客様からすればできるだけ若い方が良いと思っている人の方が多い傾向にあります。
そのため働いているのも20代前半の男性が多く、あまり年配の男性は働いていません。
これでは将来性がないのではと不安に思う人もいるかもしれませんが、実はホストとして働いた経験によって、その後に役立つこともたくさんあるのです。

例えばホストクラブのオーナーになるという方法です。
自分が現役で働いていた経験を活かし、独立してオーナーになるという人もたくさんいます。
1人のプロとして若手を教育していき、自分が裏方に回る仕事に変わります。
接客をするようなことはありませんが、経営者としてホストクラブを運営するので、一生この仕事に携わることはできます。

次にホストとは違う営業職をするということです。
ホストは1人1人のお客様に合わせた接客をしなければならないので、経験があればあるほど人を見る目も養われていきます。
つまり知らない間に接客のプロになっているのです。
だからこそ商品やサービスを売っていかなければならない営業職で力を発揮しやすくなります。

ホストの仕事はお客様に喜んでもらうことを第一に考えています。
だからこそホスピタリティがあり、ワンランク上の対応ができるという魅力があります。
ただ接客をしてきたという人に比べると、圧倒的に接客スキルがあると言っても過言ではないでしょう。

ホスピタリティが養える仕事などそう多くはありません。
だからこそ夜の世界を社会経験の1つと考えている人が多いのです。
そのまま夜の世界にいるというのは、独立をして裏方に回る以外に将来性がなかなか見出せませんが、昼間の仕事に活用できる場面は多々あります。

「若いうちしかできない仕事ならやる意味がない」と思う人もいるでしょう。
しかし社会に出て企業に勤めるようになってからだと、これらのスキルは身に着けるのが難しくなってしまいます。
だからこそ若くていろんなことが吸収できるうちに夜の世界を経験しておいた方が良いのです。

社内で実績をあげている営業マンや販売員の中には、過去にホストを経験したことがある人がたくさんいます。
その経験は何年経っても失われることはありません。
夜の世界以外で働くことになったとしても、その経験が新しい仕事に良い結果をもたらす可能性があるので、将来性という観点で見れば非常に魅力的な仕事だと言えるでしょう。